潜水座 

革ジャンにサンダル

ものづくり 仕事 市場

会社はなぜ資格を取らせたがる?

2016/11/16

medium_359572656

会社が資格を取らせたがるワケ

 

やたらと社員に資格を取らせようとする会社ってあるじゃないですか。

これ特に技術系、IT系の企業に多いと思います。

 

なぜ会社は資格を取らせようとするのか?

ていうか本当にその資格・・・必要なの?

 

と心の底では疑問に思いながらも、「まあ会社で必須資格になってるし・・・」「資格手当も出るし・・・」ということで半強制的に資格取得させられている方も多いんじゃないかと思います。

 

あ、ちなみに話は逸れるんですけど、会社の指示で「強制的に」資格を取らされる場合、それにあたっての費用はもちろん会社負担だし、そのための研修時間等も普通に勤務時間になりますからね。

クソな会社は「資格は個人に属すものだから~」とか何とか言って自己負担にさせようとしたりしますが、それ普通に労働基準法上アウトなのでとりあえず労基へ。

 

 

photo credit: ccarlstead via photopin cc

資格は取るべき?

まあ資格を取るべきかどうか?というのはもちろん個人の判断で、取りたきゃ取ればいいとは思うんですが、私としてはあんなもん時間の無駄だと思ってますね。

これももちろんその人の目的によりますが、そんな資格取得のために多大な時間を費やすぐらいなら他のことに当てたほうが遥かにマシだと私は思ってました。

 

いやもちろん、お医者さんとかそのへんの業務上絶対に無いといけない資格は別ですよ。でもそうじゃなくて、単に会社の都合で取らされる資格なんて全くの無意味だし本当に時間が無駄。

 

まあ、繰り返しますがそりゃ本人の勝手なので好きにすれば良いんですが、その資格が本当に自分のキャリアアップに繋がるのかどうか?ってのは冷静に判断しないといけませんよね。

それにあたってまず考えてみるべきは、会社はどんな意図を持って社員に資格を取らせようとしているのか?という点。

 

 

なぜ会社は社員に資格を取らせたがるのか?

 

その理由として、会社が挙げる理由は主に3つ。

  1. 社員の市場価値を上げるため
  2. 社員にキャリアアップしてもらうため
  3. 資格手当を支給して、高い意識で仕事をしてもらうため

 

順を追って解説するまでもなく、これらの理由というのは「表向きのタテマエ」に過ぎません。

 

実際の理由としては以下の様な感じでしょうか。

  1. 「弊社には高い技術力があります!」
    と世間にアピールしたい
  2. 「弊社は教育に力を入れてます!」
    と世間にアピールしたい
  3. 「弊社は高待遇でフラットな組織です!」
    と世間にアピールしたい

 

要するに世間様へのアピール。
「社員のため」ではなく。

 

誰のための資格?

そう、この視点は非常に重要ですよね。

先述の通り、私は少なくとも「社員のため」ではない、世間様へのアピールのためだという考えですが。

「いやいや、そんなことはないだろ」
「穿った見方しか出来ない、寂しい人なんですね」
「社会不適合者乙ww」

という意見もあるでしょうが、そういう頭の御目出度い人はとりあえずお引き取りいただくとして。

 

少なくとも言えるのは、どんな会社も「あなたの人生をより良いものにするために」資格を設けてるわけでもないし、資格手当を支給してるわけでもないですからね。

当然のことながら、会社の施策、戦略はすべて「会社のため」です。

 

資格手当の本当の目的

給料のカット

そう。給料のカットが目的。

 

「は?資格手当で給料増えるのに?何いってんの?」

と思う方もいるでしょう。
まあ正しくは「人件費の削減」ですかね。

 

先ほども言ったように、会社は何も「あなたの人生を豊かなものにするために」資格を取らせたり、資格手当を支給しているわけではありません。

 

むしろ多くの場合、

何とか人件費を抑えるために

ソコソコ難易度の高い資格を必須資格に設定して、資格を取らない従業員の給料を足切り的にカットしている

というのが現実なわけでして。

 

つまりが、本当に資格を取ったごく一部の優秀な社員には、雀の涙ほどの「資格手当」を支給します。が、その他の社員に対しては「資格を取ってない」という事を理由に給料のカットが可能になるわけです。

 

これは単純に足し算引き算の話。

トータルで見た時に、資格手当を支払った分より、カットできた分の給料の額のほうが上回る=プラスになるってことです。

 

特に、実質的にはほとんど価値が無いけども、それなりに難しい資格を会社が取らせようとしている場合。これなんかもう、あからさま過ぎて逆に笑えてくるようなケースです。

 

 

ただまあ、言うまでもないことですが会社とかでこういう話は絶対にしないことですね。

まず誰も信用してくれませんし。

 

ま、信用するしないは別として、「その資格を取ることで自分にどんなメリットがあるか」という点は冷静に見ないといけませんよね。

その資格に何百時間、何千時間を費やす価値が有るのかどうか。

 

 

 

 

-ものづくり, 仕事, 市場