無線LANルータは「ちょっと良いモノ」にしといた方が絶対幸せになれる説【ASUS RT-AC65U】

 

この前、無線LANルーターを変えてみたんです。1万円ぐらいのちょっと良いやつに。

 

その性能とかスピードとか、どのぐらい快適になったかどうかみたいな所はまた後で詳しく説明しますっていうかまあメッチャ快適になったんですけどね。

 

いや、ほら無線LANルーターって「別に繋がればいっか」みたいな。

Wi-Fiの電波さえ飛んでりゃ良いや的なノリで、3000円ぐらいの安いルータでも別にいいじゃんみたいなとこあるじゃないですか。

現にこれまではIOデータの一番安いやつ使ってて、まあ特に可もなく不可もなくで「まあこんなもんかな」みたいな。

 

それがまー「ちょっと良いルータ」に変えただけでこんなにも違うもんかと。

正直あんなモンどれも一緒だろぐらいに思ってたんですが全力で反省。

 

まずアマゾンプライムの繋がり(接続状況)が断然良くなった。今まではたまにカクカクしたり止まってたりしたんですけど、ルータ変えてからは一切なし。

それと普通に「離れた部屋」でもアンテナ3本で全然普通に繋がるってのはこれね、ほんと有り難いですね。寝室にいようがリビングにいようが、どこだろうとほぼ変わらない速度でネットに繋がるのは非常に快適。というか家の駐車場に停めた車の中からでも繋がりますからね。

 

「あんなモンどれも一緒だろ」みたいに思ってたやつが何で今回1万円もするルータに変えたのかって事なんですが、これは普通に前使ってたIOデータの野郎がぶっ壊れやがったからですね。

というか安モンの無線LANルータってすぐ壊れません?

私もここ3年で2回買い替えてるんですが何故か買い替えの度に安モンを選んでて「あれ?俺ってバカじゃね?」って事にようやく気づいたというか。

まあ価格が倍になったからと言って耐久性も倍になるとは思ってませんが、それでもこんだけ性能が違うなら倍の値段払う価値は全然有りますね。

 

なんでASUSにしたかっていうとまあ単に見た目です。