手縫いもミシンもこれ一択。革用糸の決定版ビニモMBT

ビニモMBT

写真は今回買った2色。

太さはどっちも#8。
色は右が129番、左が定番108番。

どんな革にも合う、
「とりあえずコレがあればOK」
的な万能カラー。

 

レザークラフト用の糸選び

私もビニモMBTに行き着くまでに麻糸とかシニューとか使ってみたんですが、どうもしっくりこず。あ、これは手縫いの話ですね。

レザークラフトでは糸ってかなり大事なんですよね。ハマればハマるほど、革のみならず糸にもこだわりだします。で、そのうちにいつの間にか糸ばっかり増えていくという・・・

 

ビニモMBTがおすすめの理由

すごく安い

麻糸やシニューと比較したら激安。

私は手縫いには#1を使うんですが、600mで1000円ぐらい。600mっつったらまー普通に一生分ありますよ。(先日使い切っちゃいましたけど・・・)

余談ですが「一生分ある」って何か良い響きですよね。

強い

革製品ってたいていそうなんですが、革ってとても強いため、普通は革がヘタる前に糸から切れていきます。特に麻糸は弱いので、ほんの数年でブチブチ切れることも。

やっぱりその点化繊糸は強いです。ただシニューは割いて使うのが面倒くさいし・・・って人はビニモなどのポリ糸がオススメ。

カラーがたくさんある

これだけあれば合わない革はないだろう、ってぐらい色が豊富です。(MBTは通常のビニモより種類が少ないですが)

カラー物のレザーをよく使う方は重宝するはず。

ほつれにくい

これはビニモ「MBT」の特徴。

ボンド加工糸なのでほつれにくいんですよ。
なので縫い目も綺麗に出ます。逆に普通のビニモはほつれるので、手縫いには若干使いにくいですね。

縫い終わりの処理がしやすい

ライターでピッとあぶればおしまい。
これは化繊糸全般の利点ですね。

 

逆にイマイチな点

糸のヨリが手縫い糸と逆

これは結構重要なポイント。

手縫いの場合は菱目打ちで開けた穴を縫いますが、その菱型の向きがミシン針とは逆なんですよね。なので普通に手縫いで縫うと、糸のヨリはほどける方向に力がかかります。

といっても、特に致命的な問題ってわけではないです。単にステッチを究極レベルに極めたいという方にとっては、目を揃えるのが若干難しいかな?というぐらいのもの。

もちろん、ミシンだと超綺麗なステッチが出ます。
(菱針がおすすめ)

蝋引きした時に色がおかしくなる

ビニモはカラーが豊富なのが良いところではありますが、当然ロウを引くことなど想定していませんから、特に鮮やかな色はロウを引くと色が褪せてヘンになります。

私がバカの一つ覚えみたいに「108番」のカラーを多用しまくるのは、ロウを引いても色味が変わらないから、と言う面もありますね。

このあたりは致し方無い所。

もしどうしてもソレが気に入らない場合は、最初からタップリ蝋が引いてあるビニモもあるので、若干高いですがそちらを使うといいかも。

 

ミシンでの使用感

これは言うまでもなく最高。

大好きな感じのステッチを醸しだしてくれます。

ビニモMBTの持つ適度な張りのおかげか、縫い目がミシンで縫ったステッチっぽくないんですよね。手縫いっぽいステッチになる。それはもちろん菱針を使用した場合ですけど。

ちなみに私がよく使うのは
「上糸#5・下糸#8」。
針はシュメッツの菱針23番ぐらい。

欲を言えば#1も使えれば最高なんですが、現状のミシンの仕様だと、ヌメ革数枚重ねた時に、ちょっと糸が締まりきらない感じ。

 

まあとにかく、ビニモMBTは手縫いでもミシンでも、一度は使ってみてほしい糸ですね。